中田英寿と「N」

○記事URL

https://newspicks.com/news/2342276?ref=search&ref_q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92&ref_t=top

○内容

中田英寿が2014年から自身の日本酒ブランド「N」を発売、現在シンガポールで約17万で販売

・発端は情報のミスマッチをなくすため(日本語を読めない、日本酒の情報が少ない)

・日本酒の価格設定が安すぎる。だが国内で値上げをするのは難しい→海外で高級市場を作ろう

・目的は「N」を売るためではなく、海外市場の土壌となること

・目指す味の方向は「中華やフレンチにも合う日本酒」

・アジアは主食は米であり、日本酒への理解も深い。人口も増えていくので、まずはアジアがファーストステップ

 

 

○感想、意見

・「日本では難しいから海外で高級市場を作っている。日本酒の市場の土壌を作っている」なるほどと思った。

・日本酒は明確な賞味期限はないものの、美味しく飲める期間はあるようだし、長期熟成酒も環境が大事らしいから、海外できちんと管理できるかも鍵を握りそう